2012年12月01日

親友・赤ちゃん・再会!看護師さん

今日は、親友と赤ちゃんに会いに、産婦人科に行きました。

生後3日目の赤ちゃん。
ちっちゃーくて、かわいい・・・

そしてお決まりの
かえるピョーンのポーズを連発してくれました!

赤ちゃんを見ていると私は泣きそうになりました。
娘が生まれたときは
旦那が病気だったので

妊娠中からこんなに小さい体で
共に乗り越えてきてくれたんだな・・・としみじみ思いました。

そしてその婦人科は昨年、乳腺炎になった時に何度もお世話になっていたクリニック。

乳腺炎はさまざまな原因で起こりますが
私の場合、食事内容からは問題なさそうだったので
看護師さんは
「旦那さんと何かあった?夫婦喧嘩すると乳腺詰まる人が多いのよ。」と
無意識のストレスが原因であるケースもあることを教えてくれました。

私は乳腺炎になる直前に旦那の病状がさらに悪化していて
生活の状況も大きく変化していました。
それを話すと
本当にゆっくり聴いて
私が泣いたらティッシュまでもってきてくださいました。

自分の心をどこに持っていけばよいのか
フラフラになりつつ
クリニックに行き、本当に救われました。

だけどあの時は一番辛かったな・・・
介護と育児をしている状況では私が元気でいなければならないのに
乳腺炎になり、母乳もきちんとあげられないのか・・・と
クリニックの帰り道に泣きながら歩き、
病気の旦那に泣き顔を見せてはダメだと思い、
スーパーのいすに座ってボぉーとしていました。


今日、お見舞いの際に
偶然その看護師さんと再会し
お礼を伝えると
私の当時の発言まで覚えてくださっていて
旦那の回復・私とまた話ができたことに喜んでくださいました。


私は身内や友人だけでなく
この看護師さんにも助けてもらったな・・・と
改めて人の縁・温かさを再確認しました。

産後にも関らずそんな機会をくれた親友に感謝です。

陣痛マニア?としては
陣痛中の叫び声を聞けるかな??と期待していましたが
私が訪れた時は残念ながら出産はありませんでした。笑




posted by natsuko at 23:35| パワーの源になる人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。