2012年11月01日

無形の財産

先日もつづりましたが
10月に活動を始めて
つくづく感じたこと。

「皆のおかげで活動できるのだ!」ということ。

本当に当たり前のことですが、改めてそう思いました。

私が外出できるのは
夫が
娘が
元気で見送ってくれるから。
私の活動に協力してくれるから。

昨年のちょうど今、夫の病状が悪化していく一方だったので
その状況を重ねて思うと

玄関先で「いってらっしゃーい」と手を振って見送ってくれることは
信じられない光景です。


私を見送った後に夫と娘がおじゃまするのは夫の実家。
ご両親もいつも受け入れてくれて
娘と遊んだり、我が家のために作ったおかずをくださる。
(夫のお母さんの肉じゃがコロッケは最高♪)

そして
傾聴をテーマにするような学びの場では
受講生の話やロールプレイでのやりとりを私も傾聴しようと思うため

自分が傾聴マインドになっていたいと思います。

自分の体調が悪かったり、心がざわついていたりすると
傾聴マインドになりきれないこともあります。

「活動のために!」ということは全く意識していません。
普段から自然に私の話を聴いてくれる友人が、家族が
私に傾聴マインドを与えてくれている

気がつきました。

また
前職場で得た失敗や気づきが
とても活かされています。
数年後の、違う領域の活動でも
根本として通じるものがあり

そういう学び・気づきを与えてくれた職場・出会った皆様に改めて感謝します。


私だけでなく
全ての人々が 
その人だけの さまざまな状況で・思いで
行動しているのですよね。

目に見えない
行動の後ろにある
思いや支えって
本当に素敵な無形の財産ですね。



posted by natsuko at 00:00| ちょっと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。