2011年04月25日

CDA受検お疲れさまでした!

先週末、CDA二次試験を終えられた方、
お疲れさまでした!!

面談ロープレに関して
うまくできなかった・・・とか

面接官の質疑応答で
メッタメタにされた・・・とか 笑

さまざまな感想を聴きました。


ロープレについては確かに
「自分なりに寄り添えたかどうか」という点では
自己評価できると思います。

でも、一番は「クライエントがどう感じたか」が大切。

カウンセラーがうまく出来たと思っても
クライエントがそう思っているかはわかりません。

カウンセラーがうまく出来ていないと思っても
クライエントがそう感じたかはわかりません。


大事なのは
・クライエント観察技法をしっかり用いて、確認をすること
・この面談の続きについて、どのように関わりたいのかという方針が見えること

だと思います。


試験の内容を当日限りのものにせず
面談を再現してみんなで検証していきましょう。



posted by natsuko at 00:00| CDAの学習より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。