2012年09月25日

キラキラ主婦

最近思うこと。

「主婦っていいなぁ♪」
この「いいなぁ」にはさまざまな思いがあります。

楽しい
家族の柱である
大変な分のやりがいを感じる

などなど

私は最近、育児をしながら
自分の職業人としてのキャリアの幅を広げる活動を始めたところです。

結婚前も後も
自分が「専業主婦になる」ということはないだろうと思ってきました。

社会で働いていない自分ということを想像できなかったこと
それ以前に、一生をかけてやりたいことがあること

その思いが自分を占めていました。

社会に出て働くということに充実感を得ていた私は
それがない生活はありえないと思ってきました。


しかし最近は違います。
上記のような思いはあるものの

「主婦」に対する考え方が大きく変化したからです。

変化というか
正しくは
「これまで全く主婦について知らなかった」ということが
わかったのです。

家事、育児を年中休みなくこなすこと
体調管理をしっかりしなければならないこと
家庭全体を見て動くこと

育児については
子供に影響を与え、その成長を見ることができる
そして自分も影響を受け、成長できる

とても素晴らしい時間

そして
今回、出産と旦那の病気を経験して特に強く感じたこと。

家庭のマネージャーであるということ。

家族の表情・言動をよく見て
感じたことを返してあげたり、
話を聴いたり、

その中で
気持ちに寄り添い
元気の源を作るお手伝いをする

主婦ってとっても素敵な役割だと感じます。


専業主婦の方から
「私にはキャリアがない」とか
「主婦だからちょっと引け目を感じる」とか
そんな声を聴くことがあります。

私もそのように感じる時期がありましたが
今はこのように思っています。

主婦は直接的に社会に出ていないだけで
社会に出て働いている人を前でリードし後ろで支える

社会を潤すために
欠かせない存在・役割だと
強く感じます。

それをこんなに楽しめると思っていませんでしたー!

やってみないとわかりませんね♪



posted by natsuko at 13:02| ちょっと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

サンサンサン ひかりがさんさん♪

最近の楽しいこと。

娘と一緒に子育て支援センターに行き
遊んだり
他のおかあさんと交流したりすること。

中でも
リズム遊びや体操は楽しいです♪

体を動かすからストレス発散にもなります!

特に
「サンサン体操」♪

これは
はりきって踊ってしまいます。

疲れがあっても
娘と一緒に踊って楽しんでいると
元気が新しく湧き出てきます。

今まで
子供向け番組や音楽に触れる機会なんてありませんでしたが

子育てを始めて
これらのおかげで
時に娘よりも楽しんでしまうくらい
笑顔で歌ったり踊ったりして
元気な時間をもらっています。
posted by natsuko at 00:00| 育自 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

通知表でスピーチ

この3連休。
親友の結婚式があり東京に行ってきました。

行きの新幹線では
依頼されているスピーチの練習を敢えてせず
「傾聴」に関する本を読み、その世界にどっぷり浸かってしまいました。

今回のスピーチは新婦についてのエピソードを絡めた
「通知表」を作成して話しました。

偉そうにも、各項目について「大変よくできています」と「もう少し頑張りましょう」の
2つで評価して、コメントを話しました。

スピーチ中に私が新婦に投げかけた問いに
予想もしない反応を返してくれたおかげで
会場が温まり、
調子にのって予定外の事も話してしまいました。

今回は少し緊張しましたが
セミナー講師の心構えで習得した
集団=「1対1」の集まり ということを意識して話しました。

お仕事ではありませんでしたが
集団の前で話す練習にもなりました!

「通知表」作成にあたって
参考にと私の小学校時代の通知表を見てみました。

4年生から6年生まで
担任の先生から全く同じコメントが書かれていました。

「もっと自信を持って自分の意見を言いましょう。」

意見を言わない子だったみたいですね。
自分でもそんな気がします。

でも
クラス委員をしていたようです(忘れていましたが)

意見を言わないクラス委員 って
私は何をしていたのですかね・・・??笑

聞いて、まとめていただけ??笑
posted by natsuko at 11:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

求めるのならば

先日、TV番組で
「産後クライシス」をテーマに取り上げていました。

育児はとても大変なもので夫の協力が必要。
仕事だけではなく、育児に協力したり、妻の気持ちを聴いたりすることが大切です。

と伝えていました。

産後はホルモンバランスの影響や
授乳期の睡眠不足、夜泣きなど

妻にとっては身体的にも精神的にもサポートがほしい時期だということは
私も体験しました。

このとき、妻が望むサポートの内容と
夫がしてくれることとのバランスが良いものでないと

妻は夫に失望したり
夫はしんどくなったり
してしまうと思います。

実際にTV番組では
このバランスの不一致によって
第2子を諦めたり
夫婦の愛情がなくなっていったり
離婚に至ったり

というケースが多いということを伝えていました。


ここからは私の考えです。

昨日のTV番組においては
コメンテーターが2人いてどちらも女性でした。

そして「男性はもっとこうしてほしい」ということをコメントしていました。

私は女性としてとても納得できることでしたが
なぜ、男性コメンテーターがいないのかな??とも思いました。

男性側からの見方も知りたいのです。

もちろん育児・家事には休日がなく
自分の時間をとりにくいという現状はあります。

1人でやっていてはつぶれそうなときもあります。
だから協力が必要です。

普段、外で働いている夫に
どのくらいのサポートを望むのか。


そしてその内容をできるだけ明確にして
共有し合う。

感謝する。


これが私が意識していることです。

なんとなく
手伝ってくれない というふうに感じては
お互いのすれ違いの要因になってしまうと思うからです。

そうしていると逆に
あまり細かく決めていなくても
気がついた人が自然に娘のお世話をしているという雰囲気にもなっています。

もう1つ。

妻が夫に育児協力を求めるのならば
その分、夫の状況・気持ちに寄り添うことが大事だと思います。

夫は妻の状況を一部かもしれませんが見ることはできます。
だから妻は自分の状況を少しは伝えることができます。

でも夫が外で働く状況を妻は見る機会はあまりありません。
どんな思いで、どんな表情で取り組んでいるのか、
聴かなければわかりません。

語ろうとしない男性も多くいると思います。
無理に探るわけではなく
夫が「聴いてほしいな」と思うタイミングで
聴ける受け皿を妻が用意しているかどうか
ということを
私は意識しています。
posted by natsuko at 15:04| 育自 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

つまずき

最近、よちよち歩きの娘から
教えてもらいました。


つまずく=進んでいる

ということ

よちよち歩いて、つまずいて転んだり、その場から進めなかったりする姿

これを見て
歩かなければ
つまずくことってないんだな

という当たり前と言えばそうですが
大切なことを教えてもらいました。


つまずいて一時的に停止しても
痛い思いをしても

それは進もうという意志があるからこそできること。

辞書にも以下のようにあります。

「つまずく」

歩いていて、誤って足先を物に突き当ててよろける。けつまずく。
2 物事の中途で、思わぬ障害につき当たって失敗する。(goo辞書より)

この「歩いていて」というのがポイントだなと私は感じました。


そして
つまずきの後には1つの学習が得られる。


私も娘と一緒に
どんどんつまずいて、転んで
起き上がっていきます♪




posted by natsuko at 10:47| 育自 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

ワクワクのマインド


最近、ようやく介護・育児が落ち着いてきて
活動の機会が増えてきました。

そして今、私は思いがけない機会から
自分の志を実現する新しい手段を見つけました。

これからの計画になかった新発見であり
今そこにとても魅力を感じています。

方向転換とまではいきませんが
そこに焦点を当てて活動しても良いかも・・・と
惹きつけられています。

具体的に述べても良い機会がきた頃にまたお伝えします。


そしてその活動について
育児・介護の状況との両立において不安要素がありました。

そのことをパートナーにあたる方に正直に伝えてみたところ
上記タイトルの言葉を教えていただきました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
自分が楽しめる状況でいること

自分が生み出したものを社会に提供して、
どんな効果を与えられるのかを知ることはワクワクしますね。

このワクワクが大事であり、ワクワクを得る為にはアクションしかありません。

出来る事からやりましょうか。
つまり、たのしく、ワクワクのマインドで行きましょうか。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

こう言っていただきました。

中途半端に手を出して、やりきれないままに終わったり、迷惑をかけたりすることが
私は嫌いなので
自分の状況を考えると
このままやっていていいのだろうか・・・と不安になっていました。

でもそればかりを考えて
活動しないのもイヤでした。

状況を伝えて、理解していただける環境に感謝して
自分が楽しんで

出来ることから始め、
動きながら柔軟に対応していきたいです。

アクションを起こすことで
すでにワクワクを得ています。

自分と周りの双方ともが、より高い効果・ワクワクを得られるように
まずは自分が楽しめる環境を自ら作っていきます♪






posted by natsuko at 14:34| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。