2012年06月28日

誕生日の意味

以前にも綴ったような気がしますが
「誕生日の意味」について。

昨日綴った、親友の言葉で改めて思いました。

昨年の出産後、大きな意味が加わりました。

それまでは
自分の誕生日は
「祝ってー!!」と内心思っていました。(今でもそうですが。笑)

誕生月に入ると旦那には
「プレゼント何??(・∀・)ニヤニヤ 」という視線をいつも送っていました。(今もそうですが。笑)
視線だけです。口には出していません。笑


出産を終えて気がつきました。
自分の誕生日は
母が頑張った日、母が賞賛されるべき日。

そしてその母が出産できたのは
父の存在があるから。
そのほか多数の支援があったから。

毎年くる誕生日。
自分が1年間頑張って生きてきたことへの「おめでとう」
そしてここからまた1年頑張ろうという意味で皆さんにお祝いしていただく。

そして
その自分が過ごすことができた1年は
自分に関わってくれた全ての人の総力で作られたもの。

人だけではない。
動物や植物、目に見えていない環境、
みんなのおかげ。

そう感じると
自分がお祝いしてもらうこと以上に

「自分が周りに感謝の気持ちを示す日」である

という思いに私はたどり着きました。


posted by natsuko at 14:40| ちょっと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

サプライズ♪

じゃぁーん!!

kado.jpg

こんなかわいいカードが届きましたぴかぴか(新しい)

娘の1歳の誕生日に
親友が送ってくれました。しかも日にち指定でかわいい

これまで私の誕生日をお祝いしてくれていましたが
娘の誕生日にこんな素敵な贈り物をしてくれるなんて

嬉しいですかわいい

小学校で出会い
中学・高校・大学も同じ学校。
社会人生活も同じ地域で過ごして

昨年の出産も2ヶ月違いで共に乗り越えました。

そして同じタイミングで母になれたことも
ご縁ぴかぴか(新しい)
を感じます。

そしてその親友が言っていました。
「母になって初めての自分の誕生日。
親への感謝の気持ちがこみ上げてきて
『ありがとう』を伝えたよ。」

とても素敵ぴかぴか(新しい)だと思いました。

そう思えたことも
それを言葉にして伝えたことも。





話は変わりますが
今、私が意識している「笑顔の力」。

ふと周りでいつも笑顔でいる人を思い浮かべてみました。
ぱっと5人思い浮かびました。

上記の親友は浮かんだうちの1人です。

きっと笑顔で楽しいお母さんをしているんだろうな・・・ぴかぴか(新しい)
posted by natsuko at 00:00| パワーの源になる人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

あれから1年かぁ

今日で娘が1歳になりました。

初誕生日!!

ということで・・・?
予防接種2本プレゼントしました。

先生の内診の時点で
注射されると察したようで
大泣きしました。

毎回、その様子を見て私は笑っています。笑

旦那帰宅後に一緒にケーキでお祝いしました。
娘はケーキをまだ食べることができません。

「お母さんが代わりに食べておくねー(*"ー"*)フフッ♪」と言って
大人たちでおいしくいただきました。

娘が誕生して1年。
これまでの人生になかった
様々な「経験」をしました。

それは辛く、暗闇に突き落とされたような時間でした。
でも
今、1つ1つ乗り越えていて
「体験」に意味をつけて「経験」とすることができました。

この1年
娘は当然、話すことはできません。

だからこそ
たくさんの心配をさせ
悲しい思いもしたのではないかと思います。

でも
そんな状況でも
皆でなんとか娘に関わって育てることができたことは

なかなか経験できない
すばらしい出来事だったのではないかな・・・と
最近思うようになりました。

ようやくこの1年半の出来事を少しずつ
振り返ることができるようになってきました。

出来事とそこに絡んでくださった人々のことを
もう一度振り返っておきたいです。

こんな大きな財産はないと思うからです。

このブログにて整理して
財産を残しておきたいと思います。

しばらくは自分のために
自分のことを綴ると思います。
posted by natsuko at 00:00| 育自 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

耳と口の数

鈴木絹英 編『一目でわかる傾聴ボランティア』
を読んでいます。

今、私は傾聴力アドバイザーとして活動を始めるにあたって
「傾聴」と「自己肯定感」のつながりについて
考えを深めているところです。


自己肯定感についてはまた別に綴ります。

上記の本の中で
ハッとする素敵な文がありました。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
ギリシャの哲学者ソクラテスがこう説いています。

神は私どもに二つの耳と一つの口を与えたもうた。
それ故、私どもはより多く聴き、しゃべることを少なくする必要がある。
       鈴木絹英 編『一目でわかる傾聴ボランティア』より抜粋
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

耳の口の数について・・・
意識したことすらありませんでした。

「話す」ことはとても大切なこと。
私たちは「話し方」についてはほんの少しかもしれませんが
学校や社会にて学ぶ機会があります。

一方「聴き方」については
学ぶ機会はあまりないように思います。

話すことを大切にしたいのならば
聴くことも大切にしたい

と私は考えます。

なぜなら
聴き手の反応がないことには
相手が自分の話をどのように受け止めて、
理解したのかがわからないからです。

それによって
話し手は、伝わった実感がもてないような気がします。

相手の話を促すためにも聴くことを大切にしたい
自分が相手にとってより必要なことを伝えるためにも
「まず聴きたい」と思います。

たくさん話したい場面でも
聴いていればいるほど
自分に話す機会がまわってくることも多いと
最近実感しています。
posted by natsuko at 17:05| 傾聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

自分からしたよー!

習慣とは
素敵なものですね!

ここ数日、11ヶ月の娘が自分から「いただきます」をするようになりました。

お食事用エプロンをつけると
自ら手を合わせます。

「すごい!!」って最初は驚きました。

まずが
私が手を合わせてあげることからスタートして

次に
私が手を合わせるのを見せて説明していました。

手を合わせないと
どれだけ食事が欲しくてぐずっていても
与えませんでした!

とても食いしん坊な娘なので
食事を見ただけで
「早く!早く!!」と言っているような
声を出します。笑

そして、すばやく手を合わせます。

食後も「もっとほしいー!!」と泣きます・・・
なので
「ごちそうさま」は自らしません。笑

これからも良い習慣を一緒につけていきます♪
posted by natsuko at 00:00| 育自 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

ノイズ

先日の「セミナー講師の心構え」をテーマにした勉強会で
感じたことです。

話す時にできるだけ「ノイズ」を含ませないことが
聴き手にとってわかりやすい話し方であること。

ノイズとは
「えー」
「あのー」
などの、言葉の間にはさんでいるものです。

私自身は
ノイズを全くなしにするというよりも
上手く活用して
話を進めると良いかな と考えています。

少しだけはさみつつ
自分の話を整理しながら話すのも良いかと思っています。

ただ、
現在、多発している私のノイズは
全く意味のないものです。

「ちょっと・・・」
「なんか・・・」
という余計なものなのです。

ついつい言ってしまうので
日々の会話にて気をつけるようにしています。

posted by natsuko at 11:48| 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

3つめ「1つの事柄の奥に絡む多数の事柄と感情」

以前、「3つの奥」について綴りました。

http://precious-career.seesaa.net/article/265415486.html

今回は3つめ、「1つの事柄の奥に絡む多数の事柄と感情」について。

今回、私が体験している家族の病気を例として挙げます。

「病気」そのものが第一に発生した事柄だとすると
もちろんその病気と本人の向き合いが中核の事柄になります。

そしてそれに派生して
病気により仕事ができない→収入がなくなる→生活面に影響する

日々の直接的な人間関係が一時的になくなる→周りの状況を把握できない

支える家族は闘病を生活に組込む→他の家事・育児等を隙間に行う
小さいことで言えば、掃除機1つかけることにも気を遣う

外出が困難になる

支える私自身を私の家族がとても心配する
私自身がストレスから?乳腺炎になり、育児に影響してしまう

他にも細かいことはたくさんあります。

今回のことを体験して思いました。

私はこれまで人の話を聴くときに
本人が話す事柄だけを聴いていました。

でもそこに絡むことはたくさんあることを知りました。
そして絡む事柄には、同じ分だけ様々な感情があることを知りました。

そういうことに寄り添っていこう
気持ちの内容や大きさをもっと知りたい という姿勢で
人の話を聴いていきたい 

そう強く感じます。


様々な事を書きましたが
マイナスに思うことばかりが派生したわけではありません。

「幸せな連鎖」も起こりました。
また綴ります。

posted by natsuko at 00:00| 傾聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

バレー部仲間やってきたよ

先日、高校バレー部の親友が
滋賀県まで来てくれました。

久しぶりにゆっくりと話ができて嬉しかったです。

毎回思います。
「多くを語らなくてもわかってくれている、
空気で落ち着くことができる」

今の私の家族の闘病生活のことも
「本当によく頑張ったよね!!」って
何回も言ってくれました。

大抵、患者本人に焦点が当てられて
「本人が一番大変だからね」とか
「支えてあげてね」とか
言われます。

もちろんその通りだし
わかっているからこそ
それを聞くのが嫌になることもあります。

でも私に焦点を当てて褒めてくれて
わかってくれる存在にほっとしました。


とても美味しいイタリアンレストランでお食事をしました。
お会計時に
「あっ、いいのいいの。私払うから!
びっくりするほど稼いでるし!」

と言って、私の分をごちそうしてくれました。

かっこいいー(ノ*゚▽゚)ノ
私も同じ台詞言ってお返しできるように
頑張りますー。笑

しかもおごってくれたのは
7年ほど前に
私が彼女が学生時代におごったらしく
そのお返しだということでもありました。

そんな前のことよく覚えていてくれたんだね・・・
私がすっかり忘れていましたよ。
posted by natsuko at 00:00| パワーの源になる人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

1:1の集まりが

先日の勉強会「セミナー講師の心構え」において。

もっとも大切で
しかし私の意識が薄かったことを教えていただきました。

大衆を前に話す時の意識。

『1:1の集まりが1:多数である』ということ。


大衆に語りかける時は
1人と向き合って話す時とはまた異なる行動を
とる必要があります。

目線の配らせ方
声の大きさ
立ち位置
など

私はなんとなく
個別の対話と大衆への語りかけを「別」のものと捉えてきました。

もちろん別のものであるし
それぞれにテクニックも必要になります。

今回の勉強会で
上記のことに気づき
大衆が
1:1の集まりだと思うと

大衆へ話す時は
個別の対話に工夫を加えるという意識 が持てました。

そう考えると過剰な緊張はなくなる気がします。(わかりませんが・・・笑)

なんとなく目の前の人たちを
1つのかたまりのようにぼんやりと見ていた時もあります。


1:1の会話と同じように
1人1人と向き合っていく、1人1人の存在を意識していく 
ということを大切にしていきたいと思いました。

要するに
持つべき意識は
カウンセリングと同じだということ 

グループワークで2分間スピーチを実践しました。
得た気づきを意識すると
自分がより一層楽しく話ができました。


posted by natsuko at 14:54| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

なぜ そう言うんだっけ!?

11ヶ月の娘。

この頃の子供ってみんなそうなのかな・・・?

「やりたいことをあきらめませんよね!?」

例えば
自分の手の届かないところに物があっても
なんとかして取ろうとします。

無理でもあきらめません。
泣いて「手伝って〜!」とアピールします。

こういう
無心で頑張る姿を見て

大人になった自分に足りないものを
いつも気づかされます。

家に小さな先生がいます☆


生活面でも
さまざまなことを伝えるときに思います。

その行動の意味を大人の私たちが考え直すきっかけになっています。

例えば
「いただきます」

ただ、『食事の前は「いただきます」って言うのだよ。』と
伝えるのではなくて

「ここにある食べ物は
たくさんの人たちの一生懸命な力で届けられたものだよ。
たくさんの大事な命があるんだよ。
それに感謝して食べて、元気をもらおうねー。」

そんな意味を私なりに伝えながら
「いただきますしようね」と言っています。

さまざまな場面で
「あれ!?そういえばこれはどんな意味があるんだ??」って
考えることも多いです。

小さな先生に課題をもらいながら
まったり過ごしています。


posted by natsuko at 00:00| 育自 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

細部に目をとめる

hon.jpg

レイチェル・カーソン
『センス・オブ・ワンダー』を読みました。

以下、特に感じた文です。(センス・オブ・ワンダーより引用)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
子どもたちは、きっと自分自身が小さくて地面に近いところにいるから
でしょうか、小さなもの、目立たないものをさがしだしてはよろこびます。

わたしたちがふだん急ぐあまりに全体だけを見て細かいところに気をとめず
見落としていた美しさを、子どもとともに感じとり、その楽しさを分かち
合うのはたやすいことです。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このこと、最近よく感じます。
娘が時間の経過に伴って、さまざまなものに興味を示しています。

「えっ、こんなものに!?」というようなものに
こだわり、ずっと見ていたり、手にとろうとしたりします。

ベビーカーでお散歩に行くと
途中で何度も止まって、娘目線で
どんな風景が見えているのか
私も見ています。

今までずっと気にもとめなかった
道端の雑草をよく観察してみたり

空の雲をひとつひとつ眺めてみたり。

自分たちが生きる世界。
あらゆるものに取り巻かれ、見守られ
楽しさ・癒しを演出してもらっている

自然が生み出した素晴らしいものを
より見てみたいな と思います。

毎日のお散歩で
娘に新しい発見を教えてもらっています。
posted by natsuko at 19:20| 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

出られない@

私の母。

私自身が年齢を増すほど
さらに母の思いを知り
存在の大きさを感じます。

そして
いろんなドジをやってくれるという意味でも
存在の大きさを感じます。笑


『なんでそうなるの!?笑』とつっこみたくなることを
自然体でよく見せてくれます。

特に『出られない』時が多々あります。

先日も金沢から京都に遊びにくるとのことで
京都駅改札口で待ち合わせしていました。

電車到着。
母の姿が見えたので待っていたら
全く違う方向に小走りしている。(なぜかいつも違う方向に行きます・・・)

「こっちー!!」と呼ぶように手を振ると
気がつき
そのまま勢いよく小走りで向かってくる。(なぜか落ち着きがない・・・)

そして切符を入れるが
ゲート開かず。

だって乗車券と特急券を同時に入れなきゃいけないのに
乗車券しか入れなかったから・・・(ノ*゚▽゚)ノ

駅員さんのところに行くかと思いきや
次の行動にびっくり。

ICカードのタッチ画面に
手をタッチしているのです!!w|;゚ロ゚|w
「えっ!?指紋認証!?笑」

そんなんでゲートが開くわけがないし。
でも母は何度もタッチするし・・・。

そんなことをしていると
駅員さんが来てくださいました。

そしたら母は
状況も説明せずに
「私ちゃんと切符入れたのに開かないの。」って言うし。
(私がちゃんと状況を説明しました・・・)

間違いを知ろうとせずに
そのまま笑顔で改札を出て
京都旅行を楽しむ

そんな母が好きです。笑
posted by natsuko at 00:00| 私の母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

自分に語る

昨日、ある勉強会に参加しました。
妊娠以前ぶりの参加でした。

やはりあの場は素敵です!!
みなさん、自分磨きに貪欲で、周りを受容しつつ、お互い吸収し合う
本当に活力がさらに湧き出る場です。

昨日は「セミナー講師の心構え」をテーマに
話すことを軸にしてワークを行いました。

私はとても緊張してしまう人です。
以前、先輩からこう指摘をいただきました。

「アナウンサーが原稿を読んでいるみたい。
もっと普段の話し方をしないとせっかくの持ち味がもったいないよ。」

早口の上に、緊張から言葉にゆったりとした深みがありませんでした。

そして
ある本からヒントを得て
「自分に語るように話す」ということを心がけると緊張が薄くなってきました。

自分の話す言葉と、自分の真意にズレがないかを確かめるように話すと
自然に落ち着いてゆっくり話すことができるようになってきました。

そこまでくるとあとは
「少しの緊張がある方が自分らしい」と割り切っています。


今回のワークで得た気づきをまた続きでつづります。
posted by natsuko at 15:18| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

泣くことも

先日綴りました「笑顔でいること」
http://precious-career.seesaa.net/article/273423546.html?1339393414

この記事を読んでくださったキャリアカウンセラーのお仲間から
メールをいただきました。

大好きなMr.Childrenの『PADDLE』という曲の

「良い事があってこその笑顔じゃなくて
笑顔でいりゃ良い事あると思えたら
それが良い事の序章です」
という歌詞を教えていただきました。

そして
「笑顔と同じくらい泣くことも大事だと思っています」
と、おっしゃっていました。

この言葉でとてもほっこりした気分になりました。

さまざまな「泣き」があります。
前に進もうという気持ちがあるからこそ
(あるのにできない・・・、そんな気持ちにもなれない・・・ということも含めて)
できる行為かなと思います。

笑顔も泣き顔も
どちらも自分にとって大事な顔。

どちらもエネルギー源なのですよね。

いただいたメールで気づきを得ました。

posted by natsuko at 00:00| ちょっと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

とりあえず笑おう!

6/1に綴りました「笑顔でいること」

私の母も同じことを言います。

私が介護に疲れてぐちゃぐちゃになった時に
よくメールをします。

私の気持ちを十分に受け止めてくれた後に
とりあえず笑おうよ!」と言ってくれます。


以前、一緒にテレビを見ていました。
母は大爆笑。
私は
「なんでここで笑うんだろう・・・!?」と思って普通に見続けていたら

『笑えよっ!!』って言われました。

そこは押し付けなくてもねぇ・・・笑
ツボが違うんだから・・・笑


母もたくさんの試練を経験しています。
その母がいつも笑顔で歌いながら家事をこなしていたり
私に冗談を言ってきたり。

私もそんな母になります☆
posted by natsuko at 15:00| 私の母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

笑顔を作るって!?

心理カウンセラー 野坂礼子さんの
「笑顔セラピー」という本を読んでいます。

笑顔で接することが
自然にできている人って素敵だなと感じます。

私は
絶えず「心からの笑顔」でいることは
なかなかできません。

そもそも、無理して笑顔でいる必要もないな
と思っていました。

ある時、嵐の相葉雅紀さんがこう言っていました。
「楽しいから笑顔でいるんじゃなくて
笑顔でいたら楽しさが舞い込む気がするよ。」

介護に疲れていた私にとても響きました。

今回、この本を読んでいても
同じことが書かれています。

「心から笑えない時こそ笑う」

『笑うことで脳に「楽しい」という感覚が伝わって本当に幸せな気分になる』

『良い笑顔を作るために顔のツボを刺激することで
楽しい感情と関係するホルモンが分泌される』

などなど

笑顔を作ることも良いじゃないかっ!!と
意気込んでしまう内容が
説得力を持って多く書かれています。


野坂礼子さんのHPをのぞきました。
「笑顔」のほかに
「ありがとう」という言葉の効力 についても書かれているようです。


「笑顔エアロビクス」毎日やってみます♪
posted by natsuko at 14:52| 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。