2012年05月29日

傾聴の魅力

傾聴力アドバイザーとしての活動を考えるにあたって
再度、「傾聴」についての本を読んで、掘り下げています。

学習をスタートし始めたばかりで
傾聴について上手く伝達するスキルを磨くのはこれからです。

ただ、「傾聴の魅力」について改めて感じたことがあります。
(特に、最近の介護という実体験において)

傾聴は
「なくてはならないもの」だと捉えています。
人を救うことができるものだと思います。
1人でも多くの人に傾聴の魅力について共に考える機会を設けることで
誰もが身近な大切な人を救うことができる
そして、その救われた人もまた別の大切な人を救うことができる
という幸せな連鎖を生み出すことを私自身の使命だと思っています。

傾聴は
人に潜んでいる「その人を大切にしたいという思い」を
学習を経て、会話を通して「すぐに」 形にできる
身近で・人の支えあいにおいて最も素敵な手段である という思いを広げたいです。

「ありがとう」という言葉を日々伝えることはとても大事。
でももしそれをためらうとしても
「傾聴」という形で相手に寄り添うことで心を通わせることができるということも伝えたいです。


posted by natsuko at 14:15| 傾聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

カテゴリー追加します

ここ1年、
出産・育児を通して「家族」についてより深く感じるようになりました。

特に「母」に対しての思い・感謝が深くなっています。

自分が予期しなかった妊娠中からの家族の闘病生活。
本当にさまざまな思いになりました。
たくさんの支援が総合力を発揮して
今、私たちがあります。

一番のよりどころは「母」。

私はいつまで「子供」なんだろう・・・とつくづく感じます。
でも、今「母の存在」がなければ
よりかかるところがなくて
ポキっと折れてしまいそうです。

自分のために綴って残しておこう
という思いで、「私の母」というカテゴリーを追加します。


真面目で温かくて
でも友人には笑われることが多い母です。

好きに綴ります。
みなさんの大切な人を思うきっかけになれると幸せです。
posted by natsuko at 00:00| 私の母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

名刺

先日の傾聴力アドバイザー養成講座で出会った
ある男性の言葉がとても残っています。

もうすぐ定年退職となるそうなのですが
「名刺がなくなるのって淋しくってねぇ・・・」と
おっしゃっていました。

名刺は1つの自分を語るもの。

そこに記されている役職名や担当の仕事内容の奥には

これまでその人にしか知らない
努力や思いがたくさん詰まっています。


自分の名刺にそれだけの思い入れができるほど
懸命に働いていらっしゃったのだな と
聴いていて「じーん」としました。

そして
素晴らしいのが
定年退職後の次のキャリアを発掘されていることです。

お仕事とは別に
私たちと傾聴を世の中に広げていこうと学習されていることにも
感動します。

年齢を重ねるほど、ますます勉学に励み、自分の力を社会に輝かせようと
している方々がたくさんいらっしゃって
私のエネルギーも増えていきます。


posted by natsuko at 20:31| ちょっと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

皆同じ

GW中に会った友人から元気をもらいました。

私は今、家族の介護中です。
正直、本当にやりきれない思いでいっぱいになる日もあります。

そのことを友人に話すと
実は同じ状況を友人は中学生の時に体験していたとのことでした。

私は全く知りませんでした。

私は今30歳という年齢で
大人として自分で判断したり、物事を冷静に見ようとしたりすることができます。

でももし今の状況が
自分が中学生だったら・・・・と思うと
きっとより一層「どうしようもない思い」に駆られるのではないでしょうか。

自分のことを見てほしい時期に
自分が勉強や部活に集中したい時期に

常に頭の片隅に別の心配がつきまとっているような状況


私が知らなかっただけで
誰もが何か背負いながら
でもそれをできるだけの楽しみや意味のある出来事として捉えて
前向きに進んでいることを
最近特に感じます。

「こんなはずじゃなかったのに」と思うことってあると思います。
でも良く考えれば
「こんなはずじゃない」・・・
ん!?じゃあ「どんなはずだった??」と考えると
特にそれほど具体的に描いてもいないことが多いし

どこかで「何かあっても乗り越える」とか
「なんとかなるし!」と思っている自分がいたということは

今の状況は起こるべき・必要なことだったのだろうな と
感じます。

posted by natsuko at 00:00| パワーの源になる人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

久しぶりの

昨日、「傾聴力アドバイザー養成講座」に参加してきました。

久しぶりに朝から夕方までの講座に参加。
「傾聴」について学びました。

20代〜60代まで幅広い年齢層の方々と
意見を共有していきました。

同じ事柄でも人によって受け取り方が違いました。
特に
バブル期に就職された方と
就職氷河期と言われた頃に就職された方とで
マズローの自己実現理論における
「自己実現の欲求」について
実体験に基づく感じ方に相違があることが新鮮な発見でした。


今回、集まったメンバーによって
「傾聴」を社会に広げていくミッションを遂行していくことになります。

私自身より一層
「傾聴」の魅力を知り
それを広げることによって
どんな幸せが世の中に生まれるのかを
感じながら活動していきます。

また
「傾聴の限界」についても触れながら
広げていくという視点を新たに持ちました。


メンバーの皆さんとの新しい出会い・気づきに感謝しています。

ある会社役員の方が
講習会の最後に言いました。
「私はやるからには打ち上げ花火になるのは嫌です。
どんなことがあっても続けたいです。」と。

同じ志の皆さんと
使命感と覚悟を持って
取り組みます。

出産後初めての
カウンセラー関係講習の参加でした。

皆さんの熱意に感動し
私もより真剣にカウンセリングに向き合いたいと
燃えて帰宅しました。

そして1日頑張ったご褒美(!?)に
ケーキを食べました。笑
posted by natsuko at 15:55| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

個性って

問いかけです。

「個性」という言葉、よく耳にしますよね。
掘り下げると
みなさんはどのような意味で使っていますか??


「個性」を無理矢理作ろうとして
苦しんでいる学生さんをたくさんみかけます。


私の思いはまた後日、綴ります。
posted by natsuko at 14:10| CDAの学習より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

通信作っています・・・笑

今日は親バカ日記。

娘は10ヶ月になりました。
ふと思いついて2ヶ月前からこんなものを始めました!('-'*)

「咲希(←娘の名前)通信 ○ヶ月号」

毎月、月齢が増す時にお世話になっている人たちに郵送しています。笑

その月に関わってくれた人たちの写真を載せて
娘の成長リポートを綴り
ハガキを作成しています。

作りながら1ヶ月を振り返ることができます。

「こんなことできるようになったなぁ」
「あの人がこんなものをくれたなぁ」
「納豆は苦手なのね。そうわかると、なおさら食べさせたくなるわぁ(`ー´)イヒヒ」

などなど。

たくさんの人々のおかげで
今月も1つ月齢を増すことができて感謝・・・。

お礼の気持ちをハガキにのせて郵送!

posted by natsuko at 00:00| 育自 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

産後初の

今週末、出産後初めての講習会に参加します。

あるNPO法人の理事長さんにお声がけいただき
「傾聴力アドバイザー」という資格にチャレンジすることにしました。

認定されると
地域でのセミナー講師として活動します。

傾聴を広げて
皆さんが「楽しく生きるきっかけ」になりますように。

posted by natsuko at 10:12| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

やはりいいわいね、金沢。

GW、実家・金沢に行ってきました。

親友と会う→娘の離乳食→親友と会う→娘の離乳食→夫とおでかけ
というように

外出の合間に離乳食を作って食べさせて
ハードでとても充実した3日間でした!

親友夫婦とのお食事は
親友の高校以来全く変わらないノリに
夫が少々驚きながらも
笑いが絶えず
ほっこり・楽しいひとときでした。
パンの食べ放題、食べすぎました。

ありがとう!! 夏はBBQでお願いします。

小学校からの親友たちとの集まりも
ほっとするものですね。

多くを語らなくてもわかってもらえるし
みんな自然に
小学校時代?のノリに戻ります。

娘を親友たちに抱っこしてもらえて幸せでした。


そして夜は夫と金沢のお食事を満喫。

地元にいる時は感じなかったのですが
金沢の魚介は最高!!です。

しかも
あるお店のメニューがどれもこれもすばらしくて
毎回行くことになりそうです。

今回はいつも行っているラーメンやさんに行けなかったのが残念。
(周りの人は「なんであのお店なの!?(そんなにはまるのはなぜ!?)」と言いますが。笑)


たくさんの人に元気をもらいました。
そして相変わらず金沢弁であることに笑われました。
posted by natsuko at 15:22| パワーの源になる人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

当事者の奥にいる多数の人

以前、「3つの奥」について綴りました。

http://precious-career.seesaa.net/article/265415486.html

今回は2つ目、「当事者の奥にいる多数の人」について。

どんな事柄にも
事柄を発生させた・一番関係する「当事者」と
その当事者に関係する「多数の人」がいます。

一見、1人の問題に見えるようなことでも
必ずどこかに他の人がつながっています。

実体験を例にしますと
家族が病気である場合。

病気の本人が苦しんでいます。
そして本人と一緒にいる家族(親戚)、職場の方々、医者などがまわりにいます。

本人だけでなく周りの人も一緒に闘っています。
一緒に喜びも分かち合っています。

問題があると「当事者」に焦点が当てられがちです。

でも周りの人も苦しいことがあります。
本人をどう支えたら良いのか
自分の気持ちをどう維持したら良いのか

わからなくなることもあります。

同じような経験がない人からは
時に
「あなたがしっかり支えてあげてね」とか
「あなたが笑顔でいなくちゃね」とか

「もうわかっているよ」ということを言われます。


共感もなしに
「〜してみてはどう??」と

「そんなことはもうやってみている、その上で困っているのに・・・」と
思ってしまうアドバイスをされることもあります。


実体験ですが一番辛かったのは
「あなたは・・・・という行動をしているのでは!?」と
全然やってもいないことを予測で言われたことです。


全て善意であることはわかっています。
でもどうしても苦しいときはそれを善意と受け止められずに
「あぁ、こんなこと言われるんだな・・・」とどこか寂しい気分になったことも事実です。


私は自分の経験を通して
人と関わる際に
当事者の周りの多くの人が
「どんな気持ちでいるのか」を知っていきたいです。

posted by natsuko at 00:00| 傾聴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

・・・・

今回の関越バス事故で
知人が亡くなってしまいました。

私の親戚の高校生も友人を亡くしてショックを受けています。

こんなことを綴るのはどうかな・・・と思いましたが
文面にして再度ブログを更新していくことが
良いのかなと思いました。

私は高校3年の時のクラスメイトがすでに2人も亡くなっています。
葬儀に参列するたびに
頭がまっしろになり
何が行われているのかな??

と状況を把握できないような感覚になります。

特に仲良しだった友人の時は
3ヶ月後にようやく事態を把握したのか
夜中になると決まって涙が出て
悲しむ日が続きました。

数年経って
「ありがとう」という気持ちが出てきて
私の生きる力が増しました。

でも
今回のことはまだそんな気になりません。

それでも今日1日は流れていきますね。
娘もいつもどおり元気にそばにいてくれます。

私が自分自身を癒すためにも
今、目の前にある出来事を楽しむことがいいのでしょうか。

気は取り直すことができません。
でも
今日も多くことを感じながら穏やかに過ごします。


posted by natsuko at 10:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。