2011年12月30日

2011年総括

2011年の総括をします。

今年のテーマとして以下のように綴っていました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
〔今年のテーマ〕
・去年、自然にできるようになってきた「価値観をゆさぶること」の継続

〔メインテーマ〕
・ライフロール(キャリアの役割)の広がりを「楽しむ」

〔目標〕
・(つわりで受験できなかった)メンタルヘルス検定
  セルフケア、ラインケアコース2つとも合格

・ビジネスキャリア検定 労務管理、人事・人材開発 ともに合格

〔最大目標〕
・無理をしないようにコントロールできるようになること

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

価値観のゆさぶり
ゆさぶるどころか、放り投げてしまったくらいに、自分の枠を拡げた一年でした。
予期しなかった家族の闘病生活によって、日々葛藤し、
周りの方の話や調べたことから、自分に新しい考えとこれまでの信念のさらなる強化を
もたらされました。


ライフロールの広がりを楽しむ
母親という新たな役割。自分の予想以上に楽しくやっています。
みなさんのおかげです。
新たに守るもの(娘)ができて、
これまで守りたいと思ってきたもの(家族)をより大事にしようと思えて

そのために 自分が元気でいること を
もっと意識したいです。


学習
ビジネスキャリア検定 
 労務管理、人事・人材開発 ともに合格!

メンタルヘルス検定
 ラインケアコース 合格 
 セルフケアは震災の影響で受検できず 2012年3月受検に向けて復習中


最大目標の「無理をしないこと」
これはどうかな・・・??
無理をしないといけない状況に立たされてしまったのですが
そんな時こそ「パラダイム転換」。

先の不安につぶされそうになるけど
それより「今の楽しみ」を見逃さないでいこう!と思っています。


周りの人や行政に頼ることを覚えました。


おばあちゃんの死
家族の病気
出産、育児のスタート

人生のイベントが一気にやってきた2011年。
苦しいことも一番多かった年。
嬉しい瞬間も一番多かった年。

どれもこれも「ありがたい出来事」。


おかげで少しは人の話を聴けるようになったかな。



今年もこのブログを支えてくださった皆様に感謝しております。
いつもコメントをいただいて励みになります。
闘病生活でズタズタになっている日に、コメントをいただくと
本当に元気になります。

「あっ、近くに人がいたんだな!」と、そんなホッとした気持ちになります。

来年もよろしくお願い致します☆

2012年も皆様の希望が咲く年となりますように・・・。続きを読む


posted by natsuko at 17:03| ちょっと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

自分を賞賛してください

先日、あるメールをいただきました。

「会社の転用試験に合格しました」

現在の仕事についての相談をメールでやりとりしていた方から。
日々、自分の姿や周りの環境を見つめ、自分に磨きをかけようと
一生懸命になっている社会人の方です。

私が知っているだけでも今年の5月からずっと考えてきました。
それからのやりとりで
「私に映る相手の姿」
「相手が私に伝えてくれる言葉の裏にある想い」について
投げかけてみると、
一生懸命に自問自答され続けています。


これからも模索は続きますが
1つのきっかけになればとチャレンジしてみた転用試験に
見事に合格されました。


そして、こう伝えてくださいました。
目の前の仕事を一生懸命することにも意味がある と思います


先のことを考えて
今をなんとか変えなきゃ!
このままやっていていいのか!
という気持ちと向き合う中で

次に進もうとチャレンジしたことで

「今」をもっと大事にしようと気づけたこと

そのように自己概念を拡げたこと

私まで嬉しくなりました。そして励みになりました。



私が伝えたことが心に響いて励まされたと言ってくださったのですが
正直、私は何を言ったのか、本当に覚えていません・・・笑

きっと「励まそう」としていなかったからだと思います。

「この人は乗り切る力を持っているから励ます必要はない」とわかっていたし

もし励ます必要があっても
「私の励ましはいるのか?」「どんな励ましがいいのか」と考えたら

相手が私に伝えてくれる言葉を拾って、
そこで本人が気づいていないかもしれない・私が感じたことについて問いを投げてみる
ことが一番大事なのではないか 

と思って、そのやりとりをしただけなのです。

だから1歩進んだと感じていただけたとしたら
それは自分自身の思いを言葉にして、
それを時間をかけて掘り下げていくという作業を
一生懸命に行った
自分を賞賛してほしいな 

と感じます。


そして、私自身も、過去とは違う関わり方をしていて
「こういう寄り添い方もあるのか」というヒントを得させていただきました。

こちらこそ励まされました。
posted by natsuko at 16:08| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

OBOG訪問会 メッセージ

大学OBOG訪問会にて。

パネルディスカッション形式で学生さんとのやりとりをしました。
各コマにおいて
毎回、最後に「これから就職活動をする学生さんに向けて一言をお願いします」という
時間がありました。

私は「経験と体験」についてお話しました。

昨年、中小企業インターンシップの橋渡し役として
未内定者の方々と面談しました。

その際、書類審査が通過できない方の共通点として
「自分の経験を伝えられていない」ことを感じました。


そこで今回の〆の言葉として
「ぜひ、経験を大切にしてほしい。そしてしっかり伝えてほしい。」と
お伝えしました。

もちろん、これだけでは学生さんには伝わりませんので
「どうして経験が大切なのか」
「どのように大切にするのか」

を私の考え方にはなりますがお話しました。

こちらについてもまた更新します。
posted by natsuko at 14:46| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

やったぁ!と一瞬喜んだ後は

11月に受検したメンタルヘルス検定・ラインケアコース
合格しましたー!!

次回はセルフケアを受検します。これから復習を開始します。

メンタルヘルス検定やキャリアカウンセラー試験においては

「合格したから何なん!?」
って自分でいつも問いかけています。

なぜか、しっくりこないんですよね。
履歴書に書くときも、

「だから何ができるの私は?」と自問自答します。


英語検定や漢字検定の内容は
現在ある知識がどのレベルかを知り、
それが日常であまり意識していなくても自然に活用されているもの

と私は捉えています。

一方、メンタルヘルスやカウンセリング理論については
現在の私にとっては
「合格」しただけでは全く活用できていない
事例や理論を復習して
「日常生活やキャリア形成において具体的にどう活用できるのか」を
何度も落とし込んで
やっと意味があるものになっています。

キャリアカウンセラーと名乗るならば
その分野の先駆者の理論やカウンセリングの基本事項を抑えて
タイムリーにその引き出しを開けていけるようにしたいです。



posted by natsuko at 17:09| 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

間違いから元気をもらう

最近、私の母が「携帯電話」を購入しました。

亡くなったおばあちゃんが家族に5万円ずつお金を残してくれたので
いつもの買い物とは違う
「できるだけ毎日目につくもの、長期間使用できるもの」を買って
おばあちゃんの記念品として大事にしようと決めました。

父はメガネ
母は携帯電話を購入

兄と私は考え中。

購入目的が上記なので
母は、大して携帯電話を使用する目的はありません。


私は子育ての相談をしたくて電話をかけますが
いつも
「電源が入っておりません・・・」とアナウンスされます。

自宅に電話すると
母「(家電話は有料なので)こっちから携帯でかけなおすね〜♪」
と言われ、待っていますが20分たってもかかってきませんので
こちらからかけると

母「使い方、わからんわぁ〜。電話出るのはわかるんだけどね!」

と言われました。母からはかけることができないようです。笑


そんな機械音痴な母が、一生懸命にメールのやり方を学び、できるようになりました!

でも・・・
私が深刻な悩みをメールで相談して、辛い気持ちを吐き出しているのに
返ってきたメールには

なぜか


ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)おめでとうぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

というめちゃくちゃ楽しいデコレーションが背景に設定されていました・・・(ノ*゚▽゚)ノ


間違って設定した背景の消し方がわからなくて
そのままメールしたようです。


さすがお母さん・・・

その間違いのおかげで元気がでましたよ!



posted by natsuko at 15:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

OBOG訪問会 質問

OBOG訪問会 続き

学生さんから多かった質問は2つ。

@各業界で求められる人物像とは?
Aなぜその業界/会社を志望したのか?

これらの質問は50分×4コマのうち、どのコマにも挙がってきたものです。

@の質問については私以外の2名のパネリストさんと
学生さんに質問の意図を探りながら、ほぼ同じ意見をお伝えしました。
また後日、記事にします。


他には

・就職前と後の仕事に関するギャップはあったか?
・今後の展望は?
・どんな人と働きたいか?
・1日のスケジュール
・プライベートの充実方法
・ストレス解消法

などといった質問がありました。

休憩中に個別に相談に来てくれた
女子学生さんは

「結婚・出産」ということを視野に入れたときに
どうやって勤務地や仕事内容を選べばよいか

を考えていました。


次回、このような機会があれば女性ならではのキャリアについて
あくまで個人的な経験になりますが
話をしていきます。
posted by natsuko at 00:00| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

夫婦って?

二次会20101210.JPG


大学ゼミ仲間の二次会に行ってきました。

妊娠以来久しぶりの1人遠出。楽しかったです。


新郎新婦から幸せをわけてもらいました♪
「私もこんな日があったなぁ(まるで今は幸せでないかのようですね、笑。いえいえ
幸せです!)」と思いながら時間を過ごしていました。


友人がプリンの早食いで優勝し、商品をゲットしていました。

「私も早食いレースに参加したい!!」とひそかに思っていましたが
残念ながら抽選にもれてしまい参加できませんでした。


最近、友人から「結婚って何?」「夫婦って何?」という問いをいただき、
考える機会がありました。

私は披露宴のスピーチで
「1+1が2以上になる家庭を築きます」と皆様に伝えました。


最近思います。1+1を2以上にする難しさ。
お互いが順調な時はできるけど

どちらかが逆境の時に、本当に力を合わせるためには
自然な信頼や寄り添いが必要なのかな、と。

状況によっては2人いるのに1人未満の力にしかなっていない、
相手の良さをつぶしてしまうことすらあるなぁ、と。


でもここを追求していく過程にこそ
絆を生む出すきっかけがたくさんあるのではないか

本当の楽しさをつかめるのではないか

そうも感じています。


posted by natsuko at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

お祝いありがとう

大学時代の友人から出産祝いをいただきました。
2回生のゼミで出会い、社会人になってからもつながっています。


syusanniwai.jpg


個別にいただくプレゼントもとても嬉しいですが
みんなで一緒にお祝いしていただけると
さらに嬉しいです。


1人1人からメッセージをいただきました。
ある友人が大好きなMr.Childrenの「終わりなき旅」の歌詞を
今の私に贈ってくれました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

嫌な事ばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

歌詞で寄り添ってくれるのも、本当に心温まりますね。

私は今、家族の病気と闘っています。

自分の妊娠がわかってから発症して
毎日が家族を守るために精一杯。

しまいには家族を守る前に自分が壊れそうなので
せめて自分を守ることに専念しようという時もあります。


子どもが生まれて、親子で明るく楽しく過ごしている
そんな光景しか描いていませんでした。


「人生には三つの坂がある  
 上り坂
 下り坂

 そしてまさか」

と言われていますが
まさに今「まさか」に直面中です。


なんでこんなことに・・・
と嘆いたこともありました


でもそれって、今が幸せだと思わないからそう思うのでは??と
ふと気づきました。

もちろん健康で家族全員が笑っているのは幸せなこと

でも、病気だから、この状況だからって不幸せかというと
決してそうではない


今の状況で気づけたことはたくさんあるし
必ず力になるはず。

そして平凡な日々がいかに奇跡の蓄積だったのかに気づけたことは
大きな財産。

だからこそ1分1秒を大切にできます・楽しもうと思えます!


看護と育児を同時にこなすことができれば
きっとこの先なんでもできるはず。笑

「ねばらばぬ」信念を取り払って、ゆったり過ごしていきます。
posted by natsuko at 16:15| パワーの源になる人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

OBOG訪問会 再会

先日のOBOG訪問会。

休憩中にお手洗いに行くと
バッタリ!!

「あぁぁぁぁーーー!!」って2人で顔を見合わせて叫んでしまいました。

前職場の学習塾で担当していた生徒と偶然出会いました。

こうもタイミング良く出会うものでしょうか!
奇跡的な再会でした。


彼女は大学3回生。これから就職活動です。
そして私の教室に話をききに来てくれました。


終了後に少しお話をしました。

といっても真面目な話ではなく
キャンパス内できゃはきゃは話していただけですが。笑

3年経っても顔を見たらすぐに気づいて普通に話ができたことに
私は嬉しさを感じました。

高校時代の雰囲気は残っているものの
どことなく、ちょっぴりしっかりした大学生になっていて
それもまた新鮮でした。

そして
ありがたく友人と共にバス停までお見送りしてくれました。


ご縁に感謝。

posted by natsuko at 22:08| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

OBOG訪問会 二極化

寒くなると、食欲がさらに増しています。
「今は授乳期だから2人分食べる〜♪」と言って(言い訳??)
たくさん食べてしまいます。

せっかく体型が戻って産前の洋服が着れるようになってきたところ。
いかんいかん!と毎日、コアリズムをしています。


先日のOBOG訪問会のこと。

私は教育業界を担当させていただきました。
約30名の小教室でのお話を
50分×4コマ させていただきました。

4コマ目にはなんだかもうハイテンションになっていました。

今年度の就職活動は日本経団連の「倫理憲章」見直しによって
従来は10月1日に解禁されていた企業の新卒採用情報の公開を12月1日に2か月後ろ倒し、
2012年3月末までは「採用広報期間」として、採用選考は2012年4月1日に解禁となります。


このような背景もふまえて
学生さんたちはどんな意識でいるのか知りたいと思っていました。

120名ほどの学生さん。

たった50分の場の共有でしたが
話を聴く態度、質問の仕方などから
すでに学生さんの意識も「二極化」しているというのが実感です。


・こちらの話に相槌を打ちながら、しっかり目をみて話をきく
・話を振ったことについて、きちんと反応する
・学内の訪問会に関わらず、スーツ着用で来る
・質問の言葉遣いが丁寧
・休憩中にも質問しにくる

とても気持ちがよく、私が学ばせていただきました。

企業の面接でも、職場でも「やりとり」が『成立』することが
物事を進める上での大前提。

相手の言いたいことを的確につかみ、応答する・考える
これが成立している時間はとても深い時間になりました。

一方でこれが成立しない学生さんもいました。
自分は質問しないのだけど、他の人が質問した内容については必死にメモをします。
何を聞いていいかもわからない・状況を知りたいという目的があったのかもしれません。


質問する学生さんは
ノートにすでに質問事項を書いていたり

最初は何を質問していいかわからなかったけれど
話の中で気づいたことを「具体的に聞きたいです」と質問したりと

時間の活用密度が濃いです。



私自身も、学生さんの質問に的確に答えていただろうか、
もっとわかりやすく話ができなかっただろうかと反省中です。

できるだけ、質問そのものではなく、その言葉の裏にある「意図」を探るために
聞き返したり、質問者が自問自答できる形で投げかけたりすることを意識しましたが
他のアドバイザーさんを見て、
まだまだだな・・・もっといろんな形でのやりとりを試してみようと気づきました!

今年初参加だったので
より先入観を持たずに学生さんと接することができたのは
良い点だったと思っています。


学生さんから多かった質問は2つあります。
また更新します。

2011年12月02日

OBOG訪問会

先日、母校の大学開催
就職活動生向け学内OBOG訪問会に
キャリアアドバイザーとして参加してきました。

久しぶりの活動にとってもワクワクしました。
大学に入るなり、職員の方に学生と間違えられて?
学生の事前ガイダンスの教室に誘導されました。笑

着席して待っていると
「明らかに周りに学生しかいない・・・?」と気づき
「教室違うやん!!(ノ゚ω゚)ノ」とコソコソと移動しました。笑


まぁ・・・ちょっとはりきって
ちょっとだけ若作りをしていったせいもあると思います。

みなさん
先入観で誘導するのはやめましょう。笑


心の中で
「よっしゃぁ〜ヾ(@^▽^@)ノ 」って喜んでいたのですが

冷静になると
「社会人としてのオーラなしか!?」と複雑になりました。

そうして余計なことばかり考えているうちに
事前ガイダンスが始まりました。


こんなことはどうでもよくて・・・笑
訪問会で感じたことや
今年の就職活動について
また来週更新していきます。

posted by natsuko at 16:23| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

誕生日の主役は

娘が5か月になりました。
相変わらずビッグに成長中です・・・。

最近は育児教室に行って、他のお母さんたちとも交流しています!
娘の身長が高いので、教室の保健師さんたちが
「将来はバレーボール選手だね♪」と言ってくれます。

私はバレー大好き人間です。
でも仕向けるつもりはありません。本人が好きなように、うん、好きなように進んでほしい。
と思いつつ、ワールドカップバレーを見ながら
赤ちゃん用のおもちゃのボールを使って
娘にスパイク練習をさせています。笑

まだ手が短くてアンダーパスはできません。



月齢が増すたびに思い出します。出産した当日のこと。

これまで誕生日って自分が主役だと思ってきました。
「ねぇ!みんな祝って〜〜♪」という感じです。

でも出産後は変わりました。
誕生日は両親に感謝する日なんだな と。

自分を一生懸命に誕生させてくれた日なんだな と。

posted by natsuko at 20:45| ちょっと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。